横堀健税理士事務所

東京都練馬区 いしい脳神経外科・内科クリニック 院長:石井和則先生

開業してからは毎月の訪問をしていただき、事業内容・税務に関することのご相談をさせていただいております。
私一人では出来ないことを開業前から現在まで温かい目で見守っていただき時には鋭い切り口で助言いただいています。

→もっと読む

東京都渋谷区 有限会社古典空間

代表取締役:小野木豊昭様

二年前の横堀さんとの出会い。弊社の微細に至る「研究」から始まり、どこまでも真摯に取り組んで下さる姿勢に、すべての「鍵」を開け切ってお願いする決意をしました。

→もっと読む

 

従業員さん、会社に関わる皆さんを幸せにしたうえで、会社さま、社長さまやご家族の方々にいかに財産を残すことができるか---これは税理士の手腕です。

税理士ならどの税理士も同じだとは思っていませんか?

社長さまは、その道のプロ。私は敬意を表します。
私は税務会計のプロ、「先生」ではありません。
プロとプロの技が融合して、よりよいものを作り出すことができるのです。

今の税理士は何でも話せる税理士ですか?私たちはとことんお聞きします。
そして、極力専門用語を使わずに、社長さまに理解していただけるようにお話しします。

「若さと情熱」行動力が違います!

税理士に質問しても、回答が遅い、まともな返事が返ってこない。
税理士に相談を持ちかけても、頭から反対される。
そんな経験はありませんか。

中小企業の良さは何でしょう?
社長さまがこうと思ったら、明日からでも変えられることです。

私たちは、迅速かつ柔軟な対応で、社長さまをサポートします。
なぜ、こんなにも大変な「社長」という職業をやっていらっしゃるのでしょう?

夢をお持ちだからではないでしょうか。
1度きりの人生です、できる限り社長さまのやりたいことを応援します。
一緒に夢をかなえましょう!

決算書は「作品」であると考えています。

ですから、会社さまと考えに考えて納得した「作品」に仕上げます。
利益が出ているなら、税金ともうまく付き合わなくてはなりません。
節税をし、あらゆる手を尽くした上で、会社さまが納得する納税をしていただきます。
会計事務所が期限ギリギリになって、決算書を持ってきて「ここにサインしてください。」、納付書を持ってきて「この金額を納付してください。」そんなことはありませんか。

決算書は、これから1年は「直近の決算書」として、官公庁や金融機関の眼に触れることが考えられます。
契約の受注や融資の実行に影響が出る可能性があります。
税理士が10人いれば、10の「作品」ができるのが決算書です。

もちろん、税務調査でその「作品」についてケチがついたなら、
徹底的に闘うことは言うまでもありません。